酒田市の地味なラーメン屋「えんらく」さんに行ってみた

酒田市

こんにちは!山形県の庄内地方、鶴岡市酒田市の税理士です!

私が住んでいる酒田市といえば、ラーメン屋さんが多いことで有名です。

人気店もたくさんあるのですが、そんなお店を今さら紹介しても意味がないですよね笑。
なので、あまり人気がなさそうなマイナーなラーメン屋の「えんらく」さんに行ってみたので、その報告をしたいと思います!

そもそも、自分は外でラーメンをあまり食べない

自分はそもそもあまり外食をするタイプではないのですが(単にケチという説もありますが笑)、その中でも特にラーメンを外食することは少ないのです

理由としては

家でお湯沸かすだけで食べることができるカップラーメンで十分美味しい

というのがまず第一です

自分の中ではお店で食べるラーメンもカップラーメンも美味しさ指数だと同じくらいなんですよね笑

だったらわざわざ外で高いお金を払って食べるよりも、家で安く食べれたほうがいいですよね

これが普通の料理例えば牛丼なんかだと、自分で家でそこまで手軽には作れないですよね?
なので、面倒なので外で食べようって気持ちにたま~になるのですが、ラーメンだとそれがないわけです

というわけで、普段あまりお店のラーメンを食べないのですが、ちょっと気になったお店があったのでいってきました!

酒田市高砂にあるラーメン屋さん「えんらく」

今回行ったお店が、酒田市の高砂という地区にある「えんらく」さんというラーメン屋さんです

高砂という地区は、海のすぐ近くの住宅地という位置づけです、お店の場所はこちら

住宅地にあるので、わかりにくいのですが今は皆さんスマホ持ってるでしょうからそれで調べてください笑

ちなみに外観はこんな感じ

えんらく外観

美人助手
美人助手

外見はちょっと怪しい雰囲気ですね…

こら!外見で判断するのはダメですよ!

美人助手
美人助手

そのセリフ、センセイが言うと説得力ありますねわかりました笑

ということで、お世辞にも外観はよろしくありません、ノレンが出ていなかったら営業しているのかどうかも不明ですよね

車をどこに止めるのか不明だったのですが、とりあえず店の前のジャリのところに止めていざ入店!

「えんらく」さん 入店から注文まで

では、また前のお店レポのように店主とのマンツーマンになる恐怖も抱えながら入店しました

ごめんくださ~い

挨拶したのですが、全く反応がありません笑

やる気のないお店によくある現象ですね

店内にはお客さんのおじさんが1人小上がりに座って待っているようです

店内はこんな感じで

えんらく店内1

カウンター席が四角状になっているのと、

えんらく小上がり

その脇におじさんが座っている小上がりの席があります

その小上がりの奥に見えるガラス扉の向こうで店主が作業をしているようでした

とりあえず、カウンター席に腰を降ろし、店主が注文を取りに来るのを待ちます

メニューはこんな感じ

えんらくメニュー

 

ラーメンのみのかなりシンプルなメニューですね!

値段はラーメンとしては普通か若干お安いような気がします

とりあえず今回はラーメン(中)を頼もうと決めたのですが、2分くらい待っても店主が注文を取りに来る気配がありません笑

もしかして、こっちから声を掛けないとダメなのかな?

とようやく理解して恐る恐る店主がいると思われるガラス戸を開けました…

そうすると

店主
店主

はいいらっしゃい!

と意外に元気な反応笑

中華そばの中をお願いします!

とこちらも元気に返事をすると、わかりました~とまた元気よく返事が

一人でやっているお店のようなので、注文取りまで手が回らないだけなんだな、と前向きにとらえました

注文後、また席に戻り色々物色…

えんらくカウンター前

カウンター前には水のピッチャーが用意されてあるので、

えんらくコップ

こちらも同じくカウンター前に置かれているコップを自分で取って飲むスタイルのようです

そんなこんなで時間を潰していると、7分くらい?でラーメンが到着しました

「えんらく」さん 完食まで

店主
店主

はい、おまちどうさま~

と店主がラーメンを持ってきました!

えんらくラーメン

見た感じ、いかにもシンプルな酒田のラーメンといった感じです(あんまりお店で食べたことがないので本当に酒田のラーメンなのかわかりませんが笑)

あと、スープが薄いときはこれで濃くしてね!

と醤油みたいなのも一緒に渡されました(そちらについては画像に撮るのを忘れました)

あとはラーメンを頼むとコーヒーゼリーもセットで付いてくるようです、こちらは恐らく容器の感じから自家製なんじゃないかな

では、早速食べてみます…

えんらくラーメン2

美人助手
美人助手

あらセンセイ、もうだいぶ食べたあとの画像じゃないですか笑

バレましたか…笑

麺はこんな感じの、そんなに太くもなく細くもない、若干縮れてるような縮れてないような、表現が難しい麺でした

肝心のお味ですが…

いかにも酒田のラーメン!といっためっちゃシンプルな感じで美味しいです♪

ラーメンってあんまり進化しすぎてゴテゴテしているようなのが多くなってるじゃないですか?

正直私はそこまでラーメンに求めてないんですよね

なのでこのくらいのシンプルなラーメンでお値段も優しいのが一番好きです

チャーシューも柔らかい、といった感じではなく締まった感じで噛みごたえ十分!といった感じ

こちらも昔ながらのチャーシューといった感じで、懐かしくなりました

 

そんなこんなで食べ始めから10分するかしないかで完食!

えんらく完食

 

もちろん付属のコーヒーゼリーも美味しくいただきました♪

「えんらく」さん 完食後からお店を出るまで

完食したらすぐにお店をあとにするのが自分流!

といっても流石にお金を払わないで出るのはお縄になってしまいますので、店主部屋を開けて

お会計お願いしまーす

と元気よく発声!

すると店主が

店主
店主

ありがとうございます!650円です

今回初めて来たんですけど、とっても美味しかったです!また来ます♪

店主
店主

ありがとうございます!

とこちらもとても腰が低い感じで対応してくれて嬉しくなりました♪

やっぱりお店って単純に味で行くかどうかを決めるというよりも、こういった店主の雰囲気だったり対応で行くかどうかを決めるって事が多いので店主の対応は重要ですよね

 

これは税理士事務所にも言えると思うので、自分もなるべく他の人に対応するときは下から目線でやりたいな、と気持ちを新たにしました!

「えんらく」さん 最後に

今回は、今まであまり行かないラーメン屋さんに行ってみました

えんらくさん、決して派手さはないですがシンプルでこれぞラーメン!といったラーメンを出すお店ですので、そういった昔懐かしいラーメンを食べたい人は是非行くことをオススメします

有名店のように混雑することもないので落ち着いて食べることができるのもポイントが高いです

タイトルとURLをコピーしました