山形でもgotoイートのクーポンがいよいよ開始!お得具合はどうなの?

酒田市

こんばんは!山形県酒田市のひとりの税理士です

今日は朝からトレーニングに行って筋トレとウォーキングをしてきたのですが、そこでお腹が減ってしまいその後に吉野家でご飯をお替りしてしまい、トレーニングを帳消しにしてしまいました笑

吉野家さんで定食ご飯食べ放題制度無くしてほしいです・・泣(って頼まなければいいだけなんですがね笑)

では今回はようやく今月の2日から登録店舗の受付が始まった山形県gotoイートのお食事券について解説していきたいと思います。登録を考えている飲食店さんや購入を検討している一般人さんはしっかり確認してみてくださいね♪

gotoイート食事券の概要

なぜか山形県は遅れていたgotoイートの食事券なのですがようやくサイトが出来上がり、情報がまとまってきました

やまがたGoToEatキャンペーン
Go To Eat(ゴートゥーイート)キャンペーン山形公式サイトです。プレミアム付食事券(購入額の25%分上乗せ)の購入方法や利用可能な加盟店情報を掲載。山形の美味しいものを食べて山形県内の飲食店や農林漁業者を応援しよう!

どんな制度なのかわからない人もいると思いますので、先日開始した山形県プレミアムクーポンと比較しながら解説していきますね♪

どれくらいお得なの?

まず一番肝心なのは「どれくらいお得なのか?」ってことですよね、あんまりお得じゃないなら長々と説明を読む時間が無駄ですからね笑

結論から言いますと

4,000円で5,000円分の食事券(商品券)を購入することができる

というものになります

これってどう思いますか?少し前に始まった山形県プレミアム商品券は1,000円で2,000円分の商品券(クーポン)を購入することができるというものだったので単純にプレミアム率からいうと、gotoイートは若干しょぼいですね…

ちなみに購入できる金額は1人16,000円(額面だと20,000円分)まで、ということでプレミアム率がしょぼい分だけ山形県プレミアムクーポンよりも購入できる金額が多くなっています

プレミアム度 山形県プレミアムクーポン>>>>>goto食事券

いつから、どこで使えるの?

ということで、プレミアム率は若干しょぼいgotoクーポンですが、普通に払うよりはお得なのは間違いないので使いたい人もいるでしょう

じゃあいつから始まるのかといいますと、販売も利用開始も11月26日からなのでもう少し先ですね♪

使える場所ですが…まだ未定です笑

というのも、今現在使えるお店を募集している段階なのですがgotoイートという名前の通り飲食店ということは確定しています

あとはそれぞれの飲食店さんが、申請すれば対象になるということになります

使えるお店 山形県プレミアムクーポン:飲食店に限らずいろんなお店
      gotoイート食事券:飲食店のみ

どこで買えるの?

山形県プレミアムクーポンの場合には、クーポン券をそれぞれの対象のお店で購入することができましたね

なので人気のお店の場合にはかなりの行列ができていたわけです(その様子はこちらの記事を確認してください)

一方今回のgotoイートの場合にはヤマザワと郵便局で販売することになっています(なんでこの組み合わせなのか謎ですね笑)

やまがたGoToEatキャンペーン
Go To Eat(ゴートゥーイート)キャンペーン山形公式サイトです。プレミアム付食事券(購入額の25%分上乗せ)の購入方法や利用可能な加盟店情報を掲載。山形の美味しいものを食べて山形県内の飲食店や農林漁業者を応援しよう!

山形県プレミアムクーポンとの大きな違いは、対象の店舗であればどのお店でも使うことができるという点です

 

 

 

 

 

 

 

 

なので買いやすさや自由度といった点では山形県プレミアムクーポンより上になります

自由度 山形県プレミアムクーポン<<<<<goto食事券

額面金額は?

1枚の額面金額ですがgoto食事券の場合は1,000円です

お釣りが出ないタイプの商品券なので、最低1,000円以上の飲み食いに使うことになるわけです

山形県プレミアムクーポンの場合額面が500円なので、その点では山形県プレミアムクーポンのほうが使いやすいというか小回りが利くということになりますね

少額での使いやすさ 山形県プレミアムクーポン>>>>goto食事券

飲食店側から見たメリット・デメリット

ざっくりとこの食事券の概要を説明したところで今度は飲食店さん側にとってこの食事券が良いものなのか悪いものなのかについて考えていきたいと思います

メリット① お客さんが増えるかもしれない

まずはこれですね!

当たり前の話なのですが食事券を購入する人はその食事券を保管するために購入するわけではなく、使用するために購入するわけです

なので、今まで行ったことないお店でも食事券が使えるなら行ってみようかな?と思う人が新たにお客さんとしてやってきてくれる…かもしれません笑

メリット② 地域共通クーポンを扱えるようになる

このメリットが一番大きいかもしれません

地域共通クーポンとは、簡単に言うとgotoキャンペーンでホテルなどに泊まった時に宿泊代金の15%の額のクーポン券がもらえるんです

こんなクーポン券ですね♪

このクーポン券を扱えるのは飲食店に限らずいろんなお店も大丈夫なのですが、なぜか飲食店だけgotoイートに参加していないと扱うことができないんです

なので、こちらの地域共通クーポンを扱えるようにしたい飲食店さんであれば、今回のgotoイート食事券に登録しないといけないというメリットのようなデメリットのようなものですね笑

デメリット① 資金繰り

デメリットとしては資金繰りが悪化するということが考えられます

普段から特に現金商売がメインのところですと、今まではすぐに売上を現金で回収できていたわけですが、この食事券で売り上げた場合、お客さんからは食事券を回収しますが手元に現金が入ってこないわけです

そのお客さんから回収した食事券を運営事務局に送って現金に換えてもらうわけなのですが、その締め日が恐らく月に1回程度だと思われるので、最悪売り上げてから1か月くらいは手元に現金が入らないわけですね

なので自転車操業気味のお店などだと、お客さんの大多数がこの食事券で購入したら大変ですね

デメリット② 経理処理がちょっと手間?

もう一つのデメリットとしては、特に税理士さんなどを雇っていない場合にはどのように処理したらいいのかわからなくなる可能性がある、という点です

不安がある人は早めに税理士さんに相談してみましょう笑

最後に

というわけで今回はgotoイートの食事券について解説しました

正直山形県プレミアムクーポンよりはだいぶお得度は下がってしまうので、まずは山形県プレミアムクーポンや酒田市の場合にはペイペイ30%還元をメインに使い、そちらの枠を使い切ってしまったらこの食事券に手をつける、というやり方が一番いいのかなと思います

今は色々なクーポンなどがあるのでどれがいいのかしっかり確認してから使うようにしましょうね♪

タイトルとURLをコピーしました