新人税理士の単発バイト体験談① 旅館でのお仕事編

バイト体験談

おはようございます!山形県酒田市の確定申告が好きなひとりの税理士です!

先週酒田のような田舎に24時間営業のジムであるエニイタイムフィットネスがオープンしました。以前肉体労働をしていてさらに筋トレをしていた時は体脂肪率10%くらいのそれなりの身体だったんですけど、ここ数年は何もやってなくて大変なことになっていたので、通うことにしました!
その話についてはまた別の機会に記事にしていきますので、お待ちくださいね

今回は息抜きブログとして、7月くらいからちょくちょくお世話になっている単発バイトに行った際の体験談を書いていきたいと思います!

旅館でのお仕事の内容① 夕食会場の準備・給仕

まず今回単発でお邪魔したバイト先は旅館(ホテル)さんでした。
ちょうど連休とGOTOキャンペーンが重なっているので人手が足りなくて単発バイトを募集したのでしょうね

ちなみに自分が行った旅館さん以外の他の旅館さんも同じようなバイトの募集を出していたので、旅館業全体で同じように忙しい状況になっているものだと思います

今回のお仕事の流れなのですが、

  1. 夕食会場の準備
  2. 客室の布団敷き
  3. 夕食会場の片付け

という3本柱でした、ちなみに自分はどれも未体験です

まず夕食会場の準備ですが、これはそこまで大変ではありませんでした
仕事内容としては、大きな宴会場みたいなところにすべてのお客さんが集まって食事をするので、その食事の準備という、そのままの内容です笑

基本的には料理が載った皿を各テーブルに置いていくだけなので大変でもないのですが、お客さんによっては料理のコースが違うらしく、どこそこのテーブルだけ特別な料理を置く、というものがありました

その「どこそこのテーブル」をちゃんと説明してもらえれば別にそれも大変ではないのですが、その指示がちょっと不明瞭で分かりにくかったという難点はありました

日ごろから他の人に説明をしていない人だと、人に伝えるのがどうしても要領が悪くなるのは仕方ないのでそこは我慢です

で、一通り準備が終わったら今度は夕食を食べに来たお客さんの対応・給仕も体験しました
全く何もシミュレーションとかしないでぶっつけ本番だったので緊張+どうしたらいいのかで頭がいっぱいになるという単発バイトあるあるを体験しました

時間は16時から19時までの3時間ほどでした

旅館でのお仕事の内容② 布団敷き

はい、夕食会場の準備が終わったら次はお客さんのお部屋の布団敷きのお仕事です

このお仕事から、同じように単発バイトで集まった2人(つまり自分合わせて3人)と合流して一緒に作業していきます
こちらも作業自体は単純で、お客さんの夕食の時間に合わせて、その間にお客さんの部屋に入って布団を敷く、という単純なものです

自分は途中から参加したので、やり方の説明をろくに聞かないまま作業開始という単発バイトにありがちな状況でした笑

最初の何部屋かは無我夢中だったので気が付かなかったのですが、次第に額に汗がびっしょにりなっていることに気が付きました
それだけ重労働ということで、毎日旅館などで働いていてこの作業をしている人というのは本当にすごいんだな、と改めて感じることができました

時間が19時から21時くらいまでの2時間ほどでしょうか

旅館でのお仕事③ 夕食会場の片付け

本日の最後のお仕事の夕食会上の片付けです!
これは、今日一発目の仕事だった夕食会場にまた戻ってきて、お客さんが食べた後の食器や食べ残しを片付けるというお仕事です

やる前は大変とは思ってなかったんですが、これがキツイキツイ!

流れとしては

  1. 食べ残しを捨てながら、同じ食器をまとめる
  2. まとめた食器を片付ける

というたったこれだけなんですけど、これが大変です!
やっぱり旅館のお食事って品数が異様に多いじゃないですか?一人当たり15皿くらいあったと思います
それを30テーブル分くらい片付けるとなるとそれだけで時間がかかるのです

この作業も基本単発バイト3人でやったので要領がわかっていなかったというのも大きいと思います
本来は23時までの予定だったのですが、明らかにその時間で終わりそうになかったので、結局1時間延長しての24時までの就業となり終了となりました

旅館での単発バイトのメリット

こんな感じで16時から24時までのお仕事が終わってぐったりして家に帰ってきたわけですが、今回のような旅館での単発バイトの自分が感じたメリットを書いていきます

旅行した気分になれる

まずはベタですがコレですね笑
住んでいるところの近くでのバイトなんですけど、それでもやっぱりお客さんとか楽しそうにしているのを見ると自分も旅行に来たんだな、といったような錯覚に陥ることができました笑

人の楽しそうな顔を見ることができる

これは最初のメリットと似ていますが、基本的に旅行に来る人ってみんな楽しそうなわけです
(もちろん何か旅館に不備があったりでプンプンするお客さんもいるかもしれませんが)

そういう楽しそうにしている人の顔を見るとこちらも楽しくなってくるので、荒みがちな気持ちを浄化することができました笑

旅館での単発バイトのデメリット

自分の底辺度を再確認してしまう

これはメリットと表裏一体のデメリットです
楽しそうに旅行をしている人を見て、自分も旅行に行ってるような錯覚というメリットの一方、現実的に考えると、自分は税理士であるにもかかわらずこのような単発バイトをしているんだということに気づかされます笑

まぁでもこれは人生いろいろですので、考えても仕方のないことですね笑

やっぱり残す人がいるんだな、と寂しくなってしまう

これは旅館のお料理が多すぎるのも問題があるとは思うのですが、すべて完食された方はいなかったくらい料理を残す人が多いです

料理を残すのはあり得ないと感じる自分としてはちょっとやるせない気分になりました

総合評価

というわけで今回は旅館さんの単発バイトに行った際の感想を書いてみました
全体的には結構きつかったのですが、その分やり遂げた際の達成感はありましたので、やってみたい人はぜひ機会があればやってみてください

肉体労働度     ★★★★★
またやってみたい度 ★

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました