ミニマリスト税理士のサラダチキン作成日記

私が感じたこと

こんばんは!山形県の庄内地方酒田市の税理士です!

今回の記事は完全にネタ記事ですので、わかりやす~い税金記事を期待していた人にはすみません…

でもそんなわかりやす~い記事を書く税理士がどんな人なのか気になるわ!って変わった考えの人はぜひ最後までご覧くださいね笑

「ミニマリスト税理士」で意外に上位に表示されていた

以前の記事で強制的に(ここ重要です!)ミニマリスト生活をしていると書きました、

強制的にミニマリストになった新人税理士が5か月過ごしてみての感想
事務所兼アパートに引っ越した新人税理士がミニマリスト生活を送ってみての感想を書きます。いい点と悪い点どちらもあると思うので、これからミニマリスト生活を考えている人は参考にしてみてください。

記事としてはこれしか書いていなかったのですが、先日メールでお問い合わせがあって

「ミニマリスト」「税理士」で検索して訪問しました

と言われました

自分としてはそのワードで検索したことはなかったので試しに検索してみたら、なんとgoogleで2番目に表示されていました!

かなり意外だったんですがよく考えてみると、税理士ってまぁそれなりにお金を稼いでいる人が多いでしょうからミニマリストになる必要が無いんじゃないかな、と

もちろんお金を稼いでいてもあえてミニマリスト!って人もいるんでしょうけど、やっぱりお金があればいいもの色々買いたくなりますよね、私もそうです笑

とにかく、どんなワードであれ上位表示されているのは嬉しいことなのでもうしばらくは(強制的ですが)ミニマリストでいようと思いました

そんなミニマリストな私ですが、最近作ったサラダチキン(鶏ハム)がかなり美味しい+最小限の道具で作れるのでご紹介したいと思います!

ミニマリストのサラダチキンは塩こうじが決め手!

ミニマリストチキンに使用する道具

ミニマリストチキン(面倒なのでこの名前にしました)を作るために必要なのはたったこれだけ!

  • 鶏むね肉(値引品でOK)
  • 塩こうじ(安っすいトップバリューのでOK)
  • キッチンバサミ(安っすいダイソーのでOK)
  • 電気ケトル(安っすい無名メーカーのでOK)
  • 画像にないけどジップロック的なもの(パチモノでOK)

道具がそろったらあとは調理をしていきましょう♪

ミニマリストチキンの調理法① 肉を小さく切る

調理はめちゃ簡単!むね肉を一口大サイズにチョキチョキしていきましょう

ちょっと暗いですがこんな感じ。イメージとしては唐揚げにするくらいの大きさでしょうか(唐揚げ作ったことないですが笑)

以前は全く切らないで1枚そのままで湯煎していたんですけど、それだと小さい電気ケトルだと中まで火が通るのにかなり時間がかかったので、試行錯誤の末この大きさに落ち着きました

ちなみに皮は勿体ないですが捨てています、カロリーとか気にしない人は皮も食べても問題ありません

ミニマリストチキンの調理法② 塩こうじでもみもみ

ここまで来たらあと少し!切ったむね肉をジップロック(パチモン)に入れて、その中に更に塩こうじを適当に入れます

普通サラダチキンだと塩コショウを入れたりしますが、塩こうじだとしっとり具合が異次元になりますので絶対に塩こうじをおススメします♪

入れる量はほんと適当なので、ここは料理センスが問われるところになると思います

後は本来だと塩こうじでもみもみした後に少しそのまま置いておけばいいんでしょうけど、そのまますぐにお湯にドボンしても美味しかったので、そこはあなたにお任せします

で、沸騰したお湯に入れたのがこちら!

注意点としては

  • 水の状態から肉を入れて沸騰させるとジップロック(パチモン)が溶ける可能性があるので、沸騰してから肉を入れる
  • お湯を目一杯沸かすと肉を入れた時に溢れてしまうので加減する

位ですかね!

作る量の目安としては0.8Lの電気ケトルにお肉が400グラム前後です♪

ミニマリストチキンの調理法③ ひたすら待つ

ケトルに突っ込んだらあとはひたすら待ちます、時間としては30分から40分あれば中まで火が通ると思います

完成したのがこちら!

容器が味もそっぱけも無くてすみません、40歳の独身男子はこんなものだと思います笑

少し栄養を気にして下にカット野菜を敷いてみました、ほめてください♪

ミニマリストチキン 最後に

というわけで、今回はミニマリストの貧弱な装備でも作ることができるミニマリストチキンについて説明しました

ほんとに市販されているサラダチキンよりうまいんじゃないかというくらい美味しいので、気になった人はぜひ作ってくださいね!

しばらくはこのミニマリストチキンを主食にして肉体改造頑張ります

タイトルとURLをコピーしました