2020年年末調整特集3 絶対あると思っていた基礎控除が受けられなくなるかも…

2020年末調整

こんばんは!山形県酒田市のひとりの税理士です!

また1週間が始まりましたね~、今日は車のローンの引き落としだったのをすっかり忘れていて慌てて銀行に入金に行きました

荘内銀行なんですけど、いつもネットバンキングで残高確認をしていたのですがたまにATMで確認しようとしたら

「暗証番号を入力してください」の文字が…

最近ずっと入金だけで暗証番号を使っていなかったのです…とりあえずよく使う暗証番号を入れてみたけど駄目だったので、時間を見つけて銀行に問い合わせたいと思います

自分の暗証番号を知ってるよ!って人はぜひ名乗り出てください笑

では今回は2020年の年末調整の際に変わった点の一つである「基礎控除」について説明していきたいと思います!

そもそも基礎控除とは

先生♪今日は「基礎控除」の紹介ですねっ

そうですね、「基礎控除」については知っていますか?

馬鹿にしないでくださいよぉ。所得税を計算するときに所得から誰でも38万円引くことができるってアレでしょ

そうですそうです♪よくお給料が103万円までなら所得税かからないっていうのは、この前勉強した給与所得控除65万円とこの基礎控除38万円の合計を引くと0になるから所得税がかからないってことですね

それも今年から変わっちゃうんですか?

そうなんです…セレブはこの基礎控除を受けられなくなったので今回はその説明をしますね

ということで、変更点を見ていく前に基礎控除について軽く復習してみましょう♪

所得税の計算方法って

何度かこのブログでの説明したと思いますが、所得税の計算方法ってこのような形になっていましたね

 

前回作った図が見当たらなかったので作り直したのですが、少し上手くなった気がします笑

簡単に説明すると、お給料などから経費となるものを引いて、そこからさらに所得控除といわれるものを引いて、残ったもの(課税所得)に対して税率をかける、という流れになっていました

なので所得控除が増えれば課税所得が減るため、所得税も減るということで所得控除は嬉しいものってことになりますね

去年までの基礎控除は

そんな所得控除の一員の基礎控除くんですが、去年まではどうなっていたかというと

セレブでも貧乏な人でも条件なしで一律38万円
ということになっていました
なんで38万円という中途半端な金額なのかはわかりませんが、とにかく自営業者でもサラリーマンでも、パートの主婦でもだれでも平等に38万円引くことができたのです
なのでさきほどちょっと説明してしまいましたが、例えば年収103万円の主婦の場合だと
こんな感じでお給料から給与所得控除65万円と基礎控除38万円引いたら残りが0になるので所得税が出ない、なんて言われてましたよね♪

今年からはセレブに厳しくなった基礎控除

そんなわけで去年までは誰でも38万円だった基礎控除ですが、今年からはこうなりました

明らかに去年までと変わりましたね、去年までなら「一律38万円」だけで説明が済んでいましたが、ややこしい表になりました…

ここで注目ポイントを解説していくと

38万から48万に増えた!

まず目につくのが「控除額48万円」ですね!

去年までは38万円としつこく言っていたのでこの変化は分かったと思います

以前お給料の記事の時に書きましたが、サラリーマンだとこの基礎控除は10万円アップしたのですが、給与所得控除のほうが10万円ダウンしてしまったので、結局プラマイゼロって話でしたね

覚えてない人は下の記事を再確認ですよ笑

2020年年末調整特集1 給与所得の計算で変わった点を解説!(給与所得控除など)

でも、個人事業主の方は、基礎控除が10万円増えただけで他は変更点が無いので、去年と同じ所得なら基礎控除10万円アップ分だけ所得税は減ることになります

セレブになればなるほど基礎控除が少なくなる

もう一つの注目ポイントが、合計所得金額が増えるほど基礎控除の額が減っていく

という点ですね!

え?合計所得金額?いきなり難しい…

と、拒否反応を示す人がいそうなので説明しますと、合計所得金額とは簡単に言うと所得のことです笑

所得をカッコつけて言うと合計所得金額っていうってくらいの認識で大丈夫!

なので、お給料なら総支給から給与所得控除を引いたものが給与所得でそれが合計所得金額

事業をやっていたら、売上から経費を引いたものが事業所得でそれが合計所得金額

ね、簡単でしょ♪

とにかくその「所得」が2500万円を超えるような人だと、基礎控除なんかなくても我慢できるでしょ

ってことなんですね

所得が2,500万円って相当ですよね…

何度も言うように売上じゃなくて、「儲け」である「所得」が2500万円もあれば立派な勝ち組、セレブなので多少税金が増えてもいいでしょ、ってことなのかもしれないですね

まとめると、一般的なサラリーマンには関係ない変更

ということで、基礎控除が今年から変更になったわけなのですが、日本の人口の大多数だと思われる「一般的なサラリーマン」にしてみると、この基礎控除の変更については

変更があったけど税金の額には影響なし
ということになります
ただ!この変更があったために、年末調整で記入する書類が去年までと少し変わってしまう、という悲しい出来事が起きましたので、その書き方についてはまた別の記事で紹介したいと思いますね!

最後に

というわけで、今回は所得税の基礎控除が変更になったということを記事にしました

セレブを増税するという一般市民からしたら気持ちいい変更なのですが、セレブがこのまま黙ってないと思うとちょっと怖い気がします

今後のセレブの動向を注意してみていくようにしましょう笑

タイトルとURLをコピーしました