おしゃれじゃない税理士の疑問 試着室に鏡って必要?

私が感じたこと

こんにちは!山形県酒田市のfreee会計を使用している税理士です♪

今回は前々から疑問に思っていたけど、誰かに聞くまでもないというか聞けない疑問を書きたいと思います

そもそもめったに服を買わない その理由は…

まず、そもそもの話なのですが私は基本服をほぼ買いません

プライベートの服は何年も前から着ているものがほとんどです、理由は簡単で

どんな服を着てもかっこよくないので、それならどんなものを着ても同じ=新しいのを買う必要がない

ってことなんですよね笑

美人助手
美人助手

うーん、わかるようなわからないような笑

例えば、どんな料理も同じ味に感じるとするじゃないですか?
だとすると、わざわざ高いもの買いませんよね?一番安いやつでも同じ味に感じるんだったらそればっかりになると思います

美人助手
美人助手

なるほど笑
服を変えても変化がないんだったら変えない、というのは納得できました

 

ということで、基本的には服は買わないのですが、といってもどうしても買わないといけない場合もあります

そんなときは仕方ないので服屋さんに行くのですが、そこで毎回疑問というか、いらないと思うものがあるんです、それは・・・

試着室の鏡」です!(タイトルでネタバレしていますが笑)

大多数の人は鏡必要なんだろうけど

美人助手
美人助手

え?試着室の鏡は絶対必要でしょう!

それはなんでですか?

美人助手
美人助手

試着した服が自分に似合っているかどうかを確認するためには、鏡がないとわからないじゃないですか!

確かに、似合うかどうかを確認したい人にとっては必要なんでしょうけど、私のような「何を着ても似合わない=似合うかどうかを確認しなくていい人」にとっては、別に鏡は必要ないんです

もちろんそんな人はかなりの少数派でしょうから、すべての試着室から鏡をなくすのは無理でしょうけど、1つくらいは鏡無しの試着室もほしい、と思ってしまいます

美人助手
美人助手

でもでも、鏡があっても特に困ることは無いんだから、別に鏡ありの試着室でもいいんじゃないですか?

確かに鏡が無くて困ることがあっても、鏡が有って困ることは無い、と思いますよね?

でも、自分は鏡があることで困ることがあるんです

鏡があると、自分の情けない姿を見ないといけない

そう!その困ることというのが

試着室の鏡に写ったドアップの自分を見ないといけない

ということです笑

これって他の人はあまり気にならないんでしょうかね?

完全に化粧をしたりして、仕上がった状態ならまだいいかもしれないのですが、試着するときって一旦着ている服を脱ぐじゃないですか?

その時の情けないパンツ姿や、ダルダルのお肉を見ると服を買う気がなくなってくるんですよね笑

これほんと他の人どう思っているのか気になります、特に女子

きれいに着飾っている人でも、試着室では情けない姿になっているわけじゃないですか?

まぁ、他の人に見せるわけではないんですが、そんな自分を許せないという気持ちになってくるのです

なので自分としては、試着はあくまで「着れるかどうか」だけを確かめたいので、鏡はいらない

という結論になるのです

まとめ

というわけで今回はずーっと前から気になっていたけどなかなか言えないことを書いてみました

同じように悩んでいる人がいたら嬉しいです笑(嬉しいだけでとくに形もありませんが)

ぜひ、服屋さんはこれを期に鏡がない試着室の導入をしてみてはいかがでしょうか

タイトルとURLをコピーしました