ミニマリスト税理士でも鍋が食べたい!試行錯誤のミニマリスト鍋

私が感じたこと

こんばんは!山形県の庄内地方酒田市の税理士です!

今日は鬼滅の最終巻の発売ということで、paypay30%還元をやっている八文字屋さんに開店直後に行ってきました

結構混んでるかな?と思ったら駐車場が止めるスペースがない!!仕方ないので路上に置いて店内に入るとレジ待ちのすごい行列!!

酒田にこんなに人がいるんだとちょっと嬉しくなりましたが、その行列に並ぶ忍耐力が無かったのでスルーしてきました笑(結局午後からもう一回行ったらすぐに買えましたが…)

では今回は需要が無いと思いますがネタがないので、ミニマリスト税理士の食生活に迫るシリーズを書きたいと思います笑

ミニマリスト税理士でも鍋が食べたい

いや~、だいぶ寒くなってきましたね…

今までは冷たいものそのまま食べてたんですけど、こう寒くなるとミニマリストといえどもあったかいものが食べたくなります

かといって安易に飲食店に行って鍋やラーメンを食べたらミニマリスト失格ですので、何とか最低限の設備で鍋ができないか税理士の頭脳をフル回転させてみました!

そんなフル回転させた結果ビッグさんから調達してきたのがこちら♪

センセイ、鍋のモトを使えば何でも鍋になると思ってませんか…

まぁまぁ、ミニマリストなのでそこは大目に見てください

結局買ってきたのは…

  • トップバリューのキムチ鍋のつゆ(90円くらい)
  • 春雨(80円くらい)
  • 納豆(70円くらい)

たったこれだけです!

しかしトップバリューさんは鍋のつゆまであるんですね~、本気を出せばトップバリュー製品だけで毎日過ごせそうな勢いです

では作っていきましょう♪

ミニマリスト鍋手順① 電気ケトルで春雨を煮る

ミニマリストの強い味方「電気ケトル」がまたしても登場です!

まずは電気ケトルでお湯を沸かし、その中に春雨を泳がせます

すごい絵面ですね~

いまだかつて電気ケトルで春雨を煮た人はいたでしょうか笑

時間はよくわかりませんが、大体シンナリしてきたら一旦取り出しましょう!

ミニマリスト鍋手順② 鍋のつゆを温める

春雨がいい感じに食べられるようになったらお次は鍋のつゆの用意です!

そのまま鍋のつゆを電気ケトルに入れて沸騰させてもいいんでしょうけど、それだと電気ケトルがキムチ臭くなってしまうので却下

ミニマリストの大事な電気ケトルは優しく使わないとですからね笑

というわけでまずは鍋のつゆをジップロックに入れます

後は、沸騰した電気ケトルにどぼーん!

前回のミニマリストチキンの記事にも書きましたが、沸騰する前からジップロックを入れると、ジップロックが溶けてしまう可能性があるので沸騰しおわってから投入しましょう!

後は大体鍋のつゆがあったまったと思ったら容器に移します

ミニマリスト鍋手順③ 納豆を乗せて完成!

最後に色どり?に納豆を乗せて完成です!

またまたいかにも独身男子!といった感じの料理になりましたね~笑

ってセンセイ!これ料理って言わないんじゃ…

という声もあるでしょうが、ミニマリストにはこれでも十分料理なんです!

肝心のお味ですが、ちょっと湯煎が甘かったみたいで若干ぬるかったのと、トップバリューのキムチ鍋のつゆが予想以上に辛いという問題はありましたが、充分満足できる結果になりました

と、思ったところで最後にふと思ったことがありました

あれ?これって春雨ヌードルじゃん

はい、タイトル通りなのですが食べ終わった後に

あれ?これって考えてみたら単なる春雨ヌードルのキムチ味なんじゃ…

と、身もふたもない真理にたどり着いてしまいました笑

確かに、これってここまで手の込んだことをしなくても市販のカップ春雨ヌードルに納豆入れれば同じものが出来るんですよね…

もちろん市販のやつよりたくさん食べることができたので、悪いことばかりではないのですが笑

最後に

ということで今回はミニマリスト税理士の食生活に迫るシリーズをお送りしました

たくさん春雨を食べたい!という人にはおススメできますのでぜひ試してみてくださいね!

またネタになりそうなミニマリスト飯が完成しましたら記事にしたいと思います笑

タイトルとURLをコピーしました