持続化給付金2020年開業特例の相談お気軽に!

税金

こんばんは~、山形県酒田市のひとりの税理士です!
いや~本格的に梅雨のような天気になりジメジメムシムシしますね汗
とりあえず網戸に虫よけスプレーを噴霧したら、あまり虫が来なくなったので一安心で網戸で寝ることができています笑

では今回は何度か記事にもしましたが、2020年開業の方が持続化給付金の申請をする際に必要な税理士の署名について、気軽に相談してほしかったので自分ができることなどをまとめておきたいと思います!

出来ること① 収入等申立書への署名

まずは一番肝心なことですが、持続化給付金の申請の際に提出が必要な「収入等申立書」への署名です
手順としては

  1. 売上に関する書類(請求書など)をデータで送ってもらう
  2. そのデータを基に私が確認して、収入等申立書への署名を行い送付する

という流れになります。データでのやり取りなので遠隔地の方でも大丈夫ですし、もちろん近くの人ならデータでなくても実際にお会いして対応することも可能です!

確認に要する時間ですが、売上の金額というか確認する請求書の数などで決まってきますが、そこまで多くないのであればその日のうちに終わることも充分可能ですので、早めに署名が欲しい人には最適です!

出来ること② 今後の確定申告へ向けての不安点の相談

ここからはオマケになるのですが、今年から事業を開始した人って基本的には確定申告も初めてになるわけです

もちろん自分でネットで調べたり、本で調べたりする人も多いでしょうがなかなか自分にピッタリ当てはまっている情報ってないんですよね~
そんな疑問点であったり、あとは自分ではわかっていないような注意点なんかもあったりするので、そういう気を付けないといけないところだったりをお伝えすることが可能です

といってもあまりに高度すぎる内容だとわからないこともあるので、それはお許しください笑

もちろん自分は完璧だからそんな説明なんかいらないぜ!単に署名だけしてくれよ!って人には無理には説明しませんのでご安心ください

相談の際のやり取りにはzoomを使用する予定です(ようやく通話はできるようになりました笑)

出来ること③ 相談は無料

これは自分の中では当たり前なのですが、最初の相談自体は無料です!
どこまでが最初の相談?とちょっとわかりにくいので説明しますと、メールなどで問い合わせをもらって、その後zoomなどで個別のお話を30分程度するまで、とお考え下さい

もちろん30分超えたから急に料金が発生、というシステムじゃないので安心してくださいね笑

これはこの給付金に関することだけでなく、ちょっとした疑問など連絡がもらえればとりあえず概要くらい説明するのは無料ですので、どんどんお問い合わせください

もちろんわからないこともあるので、その時はちょっとお力になれませんということはありますのでご了承ください

 

しないこと① 顧問契約を迫る

ここからは逆にしないことを書いていきます
当たり前?なんですが、署名をする代わりに確定申告も依頼をしないといけない、だったり今後定期的な支払いを求めたり、ということは一切ありません

さすがに署名の際には料金はいただきますが、それだけで終わりです
もちろんその後確定申告などの依頼があれば、対応できるものであれば喜んで対応させていただきますが、そんなの必要ないぜ!って思えばこれっきりの関係でも全然大丈夫です

変な言い方ですが、署名だけするマシーンとでも考えてください笑
といってももちろん、何でもかんでも署名するというわけではないのでそこはご理解ください

しないこと② 偉そうにする

これは今回だけの話ではないのですが、私はかなり低姿勢で有名です笑
他の若い税理士さんのブログなんかでも、この「偉そうにしない」というのは結構掲げている人がおおいですよね
自分はそういう人たちにも負けないくらい偉そうにしないので、気軽にちょっと税金に詳しい友達に相談するような感覚で連絡してください笑

最後に

今回はちょっとお知らせということで、持続化給付金の2020年開業特例に対する自分の対応を記事にしました
税理士に頼むのってちょっと緊張する、という人もいると思いますが、日本で一番緊張しない税理士である私に気軽に相談してみてくださいね!

もちろん相談したから頼まないといけない!ってことも全くないので、単にどんなやつなのか知りたいということでの相談でも全然大丈夫です笑

タイトルとURLをコピーしました