新人税理士が実際に副業をしてみて感じたデメリットを語る

私が感じたこと

今日は日中かなり暖かくなりましたね
自宅兼事務所にいるときは網戸にして作業していました

まだこの部屋で夏を迎えてないので、どれくらい暑くなるか気になるのですができるだけエアコンはつけないようにしたいと思います

では今回は前にも何度か話していますが副業(といっても本業が開店休業状態なので副業が本業とも言えますが)をやってみてのデメリットを書きたいと思います

1人で税理士をやりたいと思っている方は生の声ですので是非参考にしてみてくださいね

そもそも「税理士・副業」で検索しても税理士に副業の相談をしたい、というページばかり表示されて
税理士が副業をやったら、についてはあまり書いていないんですよね

まぁ税理士センセイになるような人は普通は副業・バイトなんてしないんでしょうから仕方ないのでしょうが笑

どうしても一仕事終えた気分になってしまう

自分が副業をやってみて一番感じたのは「どうしても一仕事終えた気分になってしまう」です

自分は今は週5で朝5時から8時半くらいまでの肉体労働を副業としてしています
で、その仕事中に仕事が終わったら勉強して~ブログ書いて~調べものして~と
頭の中ではその日の予定どうしようかなぁって感じで結構ウキウキなんですよね

でもでも、実際仕事が終わって家(事務所)に帰ってくるとYoutubeなど見たりしちゃうんですよね笑
で、しばらく見ているといい感じで睡魔が襲ってくるので、そのまま布団にゴー!してしまって
大体14時くらいに目が覚める
という感じの生活になっています

なんでこんなことになるのか、を考えてみると
短時間でも仕事に行って帰ってくると、それでもう今日の活動は終わりだ~!
っていう気分になってしまうからなんですよね

恐らく今までずっと勤め人だったわけなので、そういう習慣がついていると思うのですが
これがかなりデメリットになるんだな、ということは実感しました

といってもこれって、副業以外に仕事がないからそんなことになるのかな、とも思うんですよね

どういうことかといいますと、例えば午前中に本業の税理士の仕事でお客さんと会わないといけない
っていう予定が入っていたら、一仕事終えたって気分になる余裕なんてなくてそのままお客さんのところに行けるんだと思うんです

よく暇だと悪いことしちゃうって言葉がありますけど、まさにそんな感じだと思うんです

自分の場合は厳密に言うと暇というわけではないんですけど、やるべきことが漠然としているからなかなかやる気が出ない

というのが正しいかな

話を戻して、お客さんと会ったり、忙しかったりすれば副業での仕事した感はあまり感じなくて済むので
このデメリットは無くなるのかもしれないんですけど
そうだとすると今度は逆にお客さんがいるんだったら副業する必要なくない?
という根本的な話になってきますよね笑

副業をするって考えてる人は本業で仕事がないからやるってパターンが多いと思うので
そうなると副業をすることで仕事やった感を感じてしまうというスパイラルになるのは避けられないかな、と思います

ですので、自分のようにこれからまだまだ本業で修業や勉強が必要な人には副業はお勧めしないかな

というのが今現在副業を3か月くらい続けた人の意見です

最後に

というわけで今回は税理士が副業をする場合のデメリットについて書いていきました
もちろん中にはYoutubeやったりですとか本を書いたりですとかいつ寝てるんだ?というような税理士の人もいるようですが、そういう特殊な例を参考にするよりは私のような一般的?な話のほうが現実味があると思いますので是非参考にしてみてくださいね笑

というわけで私は今の副業をあと1か月くらいで辞めようかな、とも考えているといったところで終わりたいと思います

タイトルとURLをコピーしました